男性 加齢臭対策

ジムで出会った強烈な体臭

一時期毎日ジム通いをしていたことがあります。ジムと言えば汗をかく場所、ジム内に足を踏み入れただけで汗臭い体臭が充満しているのが普通です。

 

その、臭いのが普通という状態に慣れていたので、ある日から現れた個性的な体臭の持ち主はかなりインパクトがありました。脇の臭いのベタベタ汗とすごかったです。

 

ほとんどの人がジョギング、ウォーキングをしているエリアで、私も恒例のウォーキングをしていました。イヤホンで持参している音楽を聞きながら、なんとなく腕の間のTVを見ていました。

 

突然、息が止まりそうなくらいの臭気を感じました。納豆臭です。何事かと思うくらい強烈なニオイで、我慢しようと思っても表情筋が動いでしまい、眉間にしわを寄せてしまうくらいです。

 

かなり広いエリアであるにも関わらず、辺り一帯が納豆臭に包まれました。どこを向いても逃げられません。

 

その日を境に、ふとその納豆臭で発生源である人がわかるようになりました。いつも、眼鏡をかけた、じっとしていても汗をかいていそうなくらい太った特定の人がきた時にそのニオイが広がっていることがわかりました。

 

いわゆるデブスメルとでもいうのでしょうか。彼が運動を始めるまではそんなニオイに気づかないので、洗濯物の匂いではないようでした。純粋に体臭が納豆臭いという個性がある人だったようです。

 

どんなに回数を重ねても、彼が出没した時に納豆臭で気づく事態に慣れることはありませんでした。高い月会費を払っているので、ニオイに負けないで通い続けましたが、吐き気を感じるくらい凄かったです。

 

腋臭とか汗臭さなら割と電車でもどこででも遭遇する体臭なので免疫がついていますが、未だに彼の納豆臭を超える体臭に出会ったことがありません。

 

納豆臭のような体臭に思える人には遭遇したことがあるけれど、そこまで強い臭気は初めてだったので忘れられません。